最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アタック25で優勝しないと行けない場所へ

2010年08月27日 11:52

ぐだぐだ長く書いちゃったんで、面倒な人は、下の方の写真だけ見てください。

タイトルの通りだと思って調べたら今は「憧れのエーゲ海クルーズ・ペア10日間」なんですね。

ヨーロッパの初めにここ行っちゃってるんだけど、なんだか優勝した人に申し訳ないです。



もちろん、宿・飯の質は格段に違うのでしょうが。




それは置いといて、僕が日本に居たときアタック25の優勝商品は、


モンサンミッシェルだったんですよ。



そんなモンサンミッシェルに、パリから割と簡単に行けちゃうから、


こんな簡単に行ってしまっていいものだろうか?あんなに難問をこなして、優勝して初めて来れるというのに、

そんなどうしようもない畏敬の念を抱きつつ、心引き締めて行って来た。



需要あるかもしれないから、行き方。


まずは、パリのモンパルナス駅へ。

そこからTGVに乗ってレンヌ(Rennne)に行って、(片道50~55ユーロ)

レンヌ駅出て、左に行ったところにバスターミナルがあるので、そこのAだか1番だか乗り場から直行バスが出てます。(片道11ユーロ)

このサイトに全部書いてあった。しかも日本語付き。
http://www.destination-montsaintmichel.com/






こんな目つぶってでも行けそうな、簡単なみちのりのはずなのに。




どうやら神は僕に試練を与えた模様。望みもしないのに?





まずはレンヌ駅へと向かいました。



まずは、新幹線と世界最速の座を争い続けるTGVに乗車。



これがやっぱり想像どおり早かった。車窓が光のように流れていく。残念ながら、途中で富士山が見えるとかいうおまけはついてないんだけど、とにかく早くてあっという間にレンヌ到着。



夕方出発して、レンヌに到着したのは16時50分頃。



モンサンミッシェ行きのバスターミナルを探す。



なかなか見つからない。バスマークついてったら、ただの路線バス。




ということで、駅舎戻って、インフォーメーションでたずねる。


「まだむー、しるぶぷれー」って。


で、教えてもらった場所は、本当に駅からすぐ近くで、なんで分からなかったのか分からないぐらい近く。



そしてバスターミナルでモンサンミッシェル行き探す。 





ない。




聞く。




ここって言われる。




その前にチケット買えって言われる。





チケットオフィス行く。





今日は終わりって言われる。「明日の朝ね、坊や!」って。





いやいやいやいや。






それじゃ、あかんのですよ。





何しろ明日の午前中にパリ行きの電車のチケット取ってあるから、明日行ってる場合じゃないんですよ。






つっても、ないもんはないんだもんな。って仕方なく引き下がり、考えをめぐらせると、



モンサンミッシェルへの行き方はこれだけじゃないんだという事を思い出す。




レンヌからさらに北へと行ったサンマロからもバスが出てるってどっかに書いてたよなーって。


そっからのバスがあるのかどうか知らないけど、とりあえず近づこう。レンヌに居ても仕方ないし。




駅に戻ると、10分後ぐらいのサンマロ行きの列車があったので、切符を買い忘れたまま飛び乗る。(ちょっと確信犯気味)




そして、電車の中でPCに入ってるロンリープラネットのフランス版を読みながら、モンサンミッシェルへの行きかたと地図を急いで見る。




すると、サンマロよりDol De Bretagne(ブルターニュ)駅が、この路線でモンサンミッシェルから一番近い駅って事が分かったので、とにもかくにもそこで下車。


最悪、ここから20キロぐらいだから歩けるかなという無謀な判断をしたのですよ。



近づきゃ、何とかなるだろって。




その駅は、いかにも地方のがらんとした利用者の少なさそうなとこ。




で、そこの愛想の良い受付のブルターニュジェンヌに、モンサンミッシェルいけるかたずねる。






すると、やっぱり答えは  トゥモロー。






でもね、そこにおいてあるモンサンミッシェルパンフレットみたいなの見たら、まだバスあるっぽい。




多分、この姉ちゃん見逃してるな、それ。と思って、とにかくバス停の場所だけ聞いて、歩き始めた。





フランスの片田舎。




北海道の池田町ばりの片田舎。



でも、パリみたいに移民とか全然見なくて、みんなピュアなフランス人が住んでいるようなとこで、


街並みも綺麗で、滞在時間25分ぐらいだったけど、


あー、これはこれでフランスなんだなってのが実感出来た。パリとは違うフランス。


どこの国もやっぱり首都ってのは往々にして特別な存在。だから首都だけ見て、その国を判断すると誤診しかねないと思う。



日本だって、東京だけ見て判断されたら嫌だ。





そして、バスに乗って向かったのはモンサンミッシェルじゃなくて、Pontorson(ポントルソン)って街。



このバスは、モンサンミッシェル行きじゃなくて、そのそばを通過するだけ。




そして、ポントルソン下車。



発見。モンサンミッシェル行きバス。 



ほっとしました。ここまで来たら正直歩いても良かったかなとか思ったけど、あるもんは使わんとね。
mtsaint00228.jpg



そして、乗客2人しか乗ってないモンサンミッシェル行きのバスは、田舎道をずんずんと北へと向かう事、わずかに20分。




到着。






バスの車窓から、あのどこかで見た存在感たっぷりの壮麗とした修道院がちらっと見える。





それだけで、心が動かされる。散々見てても、やっぱり実物を目の前にすると、この自然と建造物のコントラストが最高にすばらしい。



で、これって修道院に近づいちゃうと、目の前に建物あるだけだから、この自然との一体感味わえなくなるから、

遠めに見たほうが、全然美しい。


ちょうど日没タイムだったから、とりあえず逆光狙いで太陽とは反対側の干潟へと行って見る。

いきなり滅茶苦茶トレビアン。
mtsaint00276.jpg

この修道院と空のコントラストいかがですか?
mtsaint00298.jpg

カメラの魚眼機能で遊んでみた。
mtsaint00009.jpg



そして、今度はぐるーっと修道院の反対側へ。


ここって干潟になってて、とりあえず修道院なくても夕日綺麗。さすが複合遺産だけある。
mtsaint00304.jpg

そして太陽を背に撮った3連発。でん。
mtsaint00016.jpg

でん。
mtsaint00326.jpg

でん。
mtsaint00338.jpg



そして、まだまだこれからモンサンミッシェルは見せてくれます。



ってか、どっから撮ってもとにかく綺麗に撮れるもんだから、楽しくて楽しくて。





そして日が沈むそうになる頃、写真でよく見る角度を探しつつ、バスで来た道路を少し戻る。

で、まだライトアップされる前。
mtsaint00018.jpg

モンサンミッシェルに隕石飛来。
mtsaint00385.jpg

そして、22時ごろにようやくライトアップされる。
mtsaint00017.jpg



この時間になると、気温が相当下がってきて結構さぶい。



それでも、またとないチャンスを逃したくないと、寒さに震えながら、

地面にカメラ固定させての夜景撮影。


この辺は、会心の出来かと。
mtsaint00433.jpg

mtsaint00441.jpg

もう11時過ぎ。この時間になると、相当寒くてシャッター押すのもしんどかった。



遠くの方から日本人の声もたくさん聞こえきて、さすが人気スポットだなと感じる。



もちろん皆ツアーですね。




そして、僕はというと23時過ぎの時点で宿なんて見つけてなかったんですね。





そう、宿はなし。




野宿です。




モンサンミッシェルを望みながら、2度まで対応のISUKAのAIR 280に包まれて、


野原の上で寝かせていただきました。



なかなか激しい寒さだったけど、寝袋の性能のおかげでそれなりの快眠を得ることが出来ました。











そして、翌朝。
mtsaint00471.jpg

おきると僕の周りを羊がえさをもとめて、うろうろうろうろしてました。


早朝ももちろん寒くて、朦朧としながら起きたんだけど、




なんだかとても爽やかで清清しい朝。



なんて贅沢な朝なんだ。 朝食が用意されてない事とシャワーを浴びれないことをのぞけば。






以上。人とはちょっと違う楽しみ方の1泊2日野宿で楽しむモンサンミッシェルへの旅いかがでしたか?



ここ来るなら、絶対晴れてる日のほうがいいし、夜景も見たほうが良いと思います。



スポンサーサイト

パリの写真、乱れ撃ち。

2010年08月26日 10:00

パリいらした事ない人に、パリこんなとこですよぉって。

mtsaint00003.jpg

サンルイ島行ったら、撮影やってた。美男美女。超スタイルいい。多分、CMの撮影。
mtsaint00007.jpg


mtsaint00172.jpg


mtsaint00053.jpg

多分、これもCMかなんかの撮影
mtsaint00068.jpg


パリの上空、ひこうき雲だらけ。これ異常じゃない?
mtsaint00149.jpg

エジプトから持ってきたやつ。
mtsaint00155.jpg


ぱりねこ。
mtsaint00158.jpg

ゆびー。きゃー。  
mtsaint00200.jpg


パリ、やたらとメリーゴーランドがたくさんある。
mtsaint00204.jpg


すとりーとみゅーじっさんおじさん。
paris3054.jpg


漫画喫茶発見。
paris3265.jpg

なんちゃら公園。
paris3350.jpg


これもルーブル。
paris3399.jpg


ついでにベルサイユ宮殿。
paris3429.jpg

複製のナポレオン一世の戴冠式のやつ。
paris3491.jpg

遠近法。
paris3520.jpg

セーヌ川と南京錠
paris3773.jpg

モンマルトン近くの遊歩道
paris3812.jpg

以上、パリでした。
paris3571.jpg





パリ編終了。写真取りすぎて、身も蓋もなくなった。

とにかくパリって、一筋縄では行かない面白さがあると思う。

エッフェル塔と凱旋門とルーブル美術館見るだけじゃ分からない面白さが。

多分、魔法がかかってるせいで、誰の目にも見えない得たいの知れない何かが、

きっとパリの街を蠢き続けてるんじゃないかな。そんな気配がしたパリ。
mtsaint00218.jpg




さぁ、楽しい芸術の時間だ

2010年08月25日 20:52

待ちに待った水曜日。


18:30からルーブル美術館の入場料が値下げされて、6ユーロ。


フランスに来て、学生証の威力がほぼ皆無。こっちじゃ、EU在住の学生じゃないと意味ないんだって。


だから、学生でも何でも通常料金。


誰が言ったか世界三大美術館 ルーブル美術館

paris3803.jpg

夜のルーブルは、それだけで芸術。
paris3158.jpg


paris3155.jpg


ルーブル美術館入場。荷物チェックとチケット買うだけで結構待たされる。それでも割とすんなり行ったと思う。

ひどいとき、2,3時間待ちだって。

この美術館、滅茶苦茶広い。本当にもう途方もなく広い。

入り口に入った途端、地図を見ながら歩き始めても、太平洋の船出に出たようなもので、簡単に遭難しかける。



うろうろしながら、最初にたどり着いた有名な作品がこれ
paris3575.jpg
ミロのヴィーナス。いきなり登場したからスルーしかけた。この像って、これ単体じゃなくて、不足してる両手に何かがくっついてて、とにかく何かをしてるところの像だったんだって、元の予想図がこのスペースの日本語解説パネルに書いてあった。

すぐそばにあるのがこれ。ヘレニズム文化ギリシャ彫刻の傑作。
paris3592.jpg
サモトラケのニケ。いったいサモトラケってなんじゃ。ニケってなんじゃ。
サモトラケって島だって。勝利をあらわす女神ニケの像だと。カオナシ。


つづいてというか、この間にものすごい量の絵画を目にしてるんだけど、有名なやつはこれ。
paris3606.jpg
ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠   
これは知ってたんで、お!いたな。って感じで登場。
というか、この複製がヴェルサイユ宮殿にあって、ルーブル行った日の午前中にそれ見てきてたから、
そりゃ当然知ってるよね。その日の出来事だもの。


そして、ルーブル美術館の最大の目玉。
paris3620.jpg
それに群がる民衆達。









そう。モナリザ。
paris3616.jpg
しかしね、彼女と僕らの間には距離があるんですよ。物理的に。
だから、はっきりくっきりと彼女を拝むのがちょっと大変。
結局は画像で見たほうが早いんじゃね?って思ってしまった。何しろ画像で見ても、実物見てもまったく同じ絵。





そして、モナリザと向き合うようにしてあるのが、巨大なこれ
paris3627.jpg
「カナの婚礼」カナって人の結婚したわけじゃなくて、今のイスラエルにあるカナって場所で、
イエスキリストが最初に起こした奇跡が、この婚礼で水をワインに変えたっつう話で、
それを絵にしたもの。 中央に居るのがし、新郎新婦じゃなくて、イエスキリストで、新婦は右側の一番端っこにいるんだと。キリスト、完全にこの結婚式持ってっちゃってるじゃん。キリストいえども、主役奪っちゃ駄目でしょ。  っていうくだらない僕の意見。




じゃん。



続きまして、ドラクロワの「民衆を導く自由の女神」
paris3644.jpg
これも完全に社会のフランス革命だかの説明のページで教科書に載ってたよな。と思い返す。その実物が目の前にあるってのは、貴重な体験だと思います、やっぱり。
で、左側のシルクハットのおじさんがドラクロワおじさん。

有名な作品は、まだあった気がするけど、とにかくこのほとんど無限に近い作品を見て回って、

とにかくへとへとになってきて、もう全部の絵がどれもこれも同じに見えてきて、

あれ?さっきここ来たよな?と新しい場所に来ても、変な錯覚に陥る。


これぐらいの作品の方がなんとなく癒される。
paris3652.jpg

これは癒されない。
paris3656.jpg


paris3695.jpg


paris3665.jpg

paris3667.jpg



そういうことで、続々と現れる刺客に僕は次々とやられっぱなしで、最終的にはルーブル美術館で野垂れ死に。
paris3691.jpg



ルーブル美術館行くときは、疲労ゼロ、体調万全で行かないと、心身ともに疲れてしまって、

野垂れ死にます。要注意。






幸い、警備員のおじさんにザオリクかけてもらって生き返ったんだけど、もう美術館はこりごり!


だったのに、たまたま第一日曜日にパリにいて、パリ中の美術館が無料になったから、


訪問したのは、オルセー美術館。元駅舎を美術館に改築。
paris3393.jpg


ここは写真取れなかったので、幸か不幸か写真ありません。内部の写真だけ。
paris3767.jpg


主に印象派といわれる作品が多くて、モネやらマネやらゴッホやらゴーギャンやらセザンヌやらルノワールやらロダンやら、どっかで名前だけ聞いたことのある作品がいっぱい。


絵心のまったく無い僕には、印象派がなんたるか結局分からず。



誰か芸術を疲れなしに楽しむ方法を教えてください。




ついでに最後にもう1つだけパリの現代美術館をご紹介します。

奇抜なデザインのポンピドゥーセンターにあります。
mtsaint00024.jpg



現代美術館ということで、20世紀以降の作品が展示されてる。

ピカソ!
mtsaint00101.jpg




シャガール!
mtsaint00105.jpg



以上。




ほかにもパリには、おびただしい数の美術館が存在してて、芸術の都パリと言われるだけあるわ。




今、思えばピカソ美術館とか行っとけばよかったな。




結局、芸術もやっぱり想像力の問題なんだと思います。














腐ってもパリ

2010年08月24日 11:09


パリの日が沈むのが、毎晩毎晩ずいぶんと遅いせいで宿に戻る時間は遅くなり、起きる時間も遅くなり、

そして、観光のために宿を出る時間も15時とか16時とかになってきていた。


まずは地下鉄とVeribっていう自転車レンタルシステムを使って、シテ島へと向かう。

16時に到着したノートルダム大聖堂。ゴシック建築の代表だって。
paris20205.jpg
街中にこんなにも壮大で、細部にまで手が行き届いた壮麗な教会がそびえ立っている。東欧で見てきた数々の教会とは一線を画す。さすが大聖堂。さすがパリ。


paris20214.jpg

中に入ると、この美しいステンドグラスが迎えてくれる。しかも入場料無料っていうのが、ありがたい。
paris20220.jpg

バラ窓のステンドグラス
paris20222.jpg


paris20235.jpg


真ん中の人、指2本立てて、「ちぃーっす」ってやってるみたい。
paris20242.jpg
ナポレオンがここで戴冠式をしたんですって。





paris20262.jpg

側面から見るノートルダム大聖堂。
paris20358.jpg
正面から見ただけじゃ、側面は側面で想像もつかないような姿をしていて圧倒される。


17時を過ぎても一向に日の沈む気配のないパリ。

リュクサンブール公園に訪れる。ここも無料。
paris20362.jpg

パリは1日で色んな顔を見せてくれる。簡単には飽きさせない。
paris20356.jpg
ここは市民の憩いの場みたいになっており、数多くのベンチやチェアが置かれ、広大な敷地内にたくさんの人たちがくつろいでた。 ってその写真ないけど、パリに住んだらたぶんここしょっちゅう来ると思う。
新宿御苑みたいな場所。新宿御苑も入場無料にしたらいいのに。


パリ来て、1度はカフェ行かないとなって思ってカフェ入ってみた。
ムッシュー、カフェシルブプレ。って。
paris20311.jpg




paris20396.jpg
帰り際に、再びエッフェル塔へ。 平和With エッフェル塔。


って事で、ブログ巻いていきたいのに折角撮った写真載せないと勿体無いから、

結局1日分で終わってしまった。


それにしてもやっぱりさすが西ヨーロッパ、さすがフランス。


東欧に比べて、クォリティが違う。こじんまりとした旧市街を歩き終えたら、「はい、これでおしまい」ってのとは全然わけが違う。

もちろん東欧だって、相応の歴史があるわけだけど、この街で起きてきた数々の世界を揺れ動かすような

それこそその時歴史が動いたの「その時」が幾度となく起こっているこの街は、2,3日の観光なんかで、何かが分かるわけも無く、多分何度来ても楽しませてくれるような気がする。

つっても、物価が高いから今回はフランス料理も食べてないし、オペラにもクラシックにも行ってないし、

それでも、とにかく僕としては凄く魅力的な街。もちろん人の感性にもよるんだろうけど。


フランス人が意外と親切じゃないとか、街が汚いとか、移民が多すぎるとかイメージが違いすぎて、

がっかりする人もたくさんいるみたいだけど、

このイメージどおりじゃないところが、僕としては凄くいい。


だってイメージどおりだったら、要は自分の想像力の範疇を超えてないってわけで、

それじゃ、心を突き動かすまでにはならないじゃないですか。





長いこと旅してて思うのは、なんでもかんでも想像力の問題だなって事。



とにかく違う地にいって、何が感動させてくれるかって、自分のイメージを超えてくれてる事。

思いもつかないような出来事が起こってくれないと困るんです。


何が起こるかわからないから旅だから。





パリ好きかも。

2010年08月23日 12:50

映画のイメージでパリに行くと、きっと期待を裏切られる。


何しろ黒人もアジア人も結構な数居て、どうしてフランス人はこの状況を受け入れていられるんだろうって、

疑問に思うぐらいだし、街を歩いてると道端にはごみが当たり前に落ちてたりして、

夢の街パリを期待して来ると、きっと残念な思いするんだろうな。



でも、ここはディズニーランドじゃないんだよね。



1年と4ヶ月アジアとアフリカを旅してきて、もう道が汚いのにも、黒人だらけなのにも、

慣れきってしまったので、そういうパリの汚い部分ってのは、むしろ自然だなって感じられる。

という事で、パリ散歩すると見所ありすぎて、写真もありすぎるので、ぽろぽろとこぼしておきます。

モンマルトンにあるムーランルージュ。パリ、目指すはモンマルトンのモンマルトン。
paris20005.jpg
あー、中入りたかったなー。いつかまた来るでしょ。パリなんて。I shall return.





モンマルトンにチベタンレストラン発見。
paris20010.jpg




埋っちゃった人。シュールだよね。
paris20033.jpg

サクレ・クール寺院の横顔
paris20037.jpg


カメラ向けたら、カメラ目線。チップあげないでごめんなさい。
paris20052.jpg


パリでチャリあったら鬼に金棒。あの街のサイズは自転車最適サイズ。
paris20095.jpg

サクレ・クール寺院の上に上がってみた。階段数百段。曇りってのが気に食わない。でもパリらしいからいいや。
paris20577.jpg

モンマルトンの丘を下って、ずーっと散歩してると見つけてしまった。日本の味。
paris20106.jpg
店内で働いてるのは中国人だったから、正直味は期待できないかなと思って、それでも頼んでしまった味噌ラーメン。


やばい。めっちゃうまい。この味は、日本と遜色ない。
paris20107.jpg
世界中に寿司が食べれるとこは、いくらでも見つけたけどラーメン屋って本当レア。
ここで行かないと、絶対後悔してたね。


Parisで最初に泊まってたのは Sabine House っていう韓国人経営の宿。
paris20182.jpg
25ユーロで、キムチ8種+メインの肉か何か+ご飯+汁の朝食と昼用サンドイッチ付き。
正直、一泊25ユーロってインドじゃ1週間余裕で泊まれる価格だけど、しゃあない。


無印良品発見!!入って値段確認したら、ほとんど日本の1.5倍から2倍はしてた。値札がそのまま日本の張ってあった。
paris20194.jpg


パリには異常に日本食レストランが多い。中国人経営だったり、日本人経営だったり、フランス人経営だったりするんだろうけど、それにしてもこれは異常。非常事態。日本食文化の受け入れられっぷりが半端ない。
paris20196.jpg
これは喜ぶべき事なんだろうけど、外でお寿司食べてるの見たら1人前8巻全部サーモンだった。

これはこれで異常。




こんなストリートミュージシャン、日本じゃまず見ないよね。とれびあーん。
paris20199.jpg




満月のエッフェル塔

2010年08月23日 05:45

パリの魔法 は何世紀もの間、この町を訪れる人々を魅了してきました。


パリ観光局の日本語での宣伝文句。


そんな魔法のかかったパリのシンボル 凱旋門とエッフェル塔の写真をとりあえずたくさん撮ってみた。

とりあえず記念写真。
paris000480.jpg

そして、エッフェル塔
paris000495.jpg
これと似たような写真がLonely Planet Europe Shoestring 2007の巻頭の写真にあるんだけど、
まったく同じ写真を撮ろうとすると、ひどい落書きがこの手の像にされてて、同じ構図で撮ったら
えらいことになった。


魔法かけてみた。
paris000002.jpg

こいつは何を考えているんだろう?
paris000515.jpg

ライトアップされたエッフェル塔。綺麗過ぎるもんだから、写真とりまくり。そして僕の周りにもいいカメラと三脚を構えた輩がぞろぞろ。
paris000581.jpg

こんな夜景が見えるとこでプロポーズすれば、成功率5割増しだと思った。
paris000603.jpg

そういうことで、この日は満月。ちょうどエッフェル塔の後ろを縫うように月は移動を続け、いい塩梅の場所に来たときに一枚。この写真、いまデスクトップの背景になってます。
paris000619.jpg

パリの夜景の綺麗さは、計算されてなければ、絶対に魔法だね。何かある。
paris000639.jpg

再び凱旋門に戻って、もう1枚。
paris000665.jpg


夏のヨーロッパって日が沈むのが尋常じゃなく、遅くて、本格的に暗くなったのは22時前。

22時ちょうどになると、エッフェル塔の無数にある電飾がきらきらと光り始める。

この様子、写真じゃ伝わらないけど、誰もが歓声を上げるような神秘的な時間が味わえるのでオススメ。











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。