最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰金。

2010年08月18日 06:24

ブダペストにつきました。



ブダペストがブダ側とペスト側に分かれてるなんて知りませんでした。



自分の住んでる地名がブダってのも、ペストってのも何だか腑に落ちません。




そんなブダペスト。結構素敵な街でした。

でっかい教会
IMG_0730.jpg

王宮からの景色
IMG_0743.jpg

そんで、ブダペストに温泉があって、僕の泊まってたアンダンテって宿から4駅あるんですね。


ブダペストの地下鉄切符システムってやや面倒で、3駅まではショートチケットで、それ以上はノーマルチケットみたいになるわけで、僕はショートチケット持ってたんですね。


で、降りたのはいいんだけど、エスカレータずんずんあがってったところで、係員がムダに4人ぐらい立ってるんですね。


で。「チケット見せろ」って言われて。その区間をわずか1駅過ぎたチケット見せて。


「はい罰金。25ユーロ。」って言われるんですよ。


「いやいや。ちょっと待って。そんな事知らないし、どこに書いてあるの?払わんよ。」って確信犯ながらに、言ってみたんだけど、

「切符の裏に書いてあるやろ。」って英語の文章がしっかりと書いてあった。


「英語わかんなーい。」って言うけど、ムダらしく。


「払わんのなら、警察呼ぶぞ。」


「たった1駅だけじゃん。僕、ブダペスト3日しかいないんですよ。あなたのせいで、僕のブダペストの思い出が最悪になっちゃうよ。明日もう出てくの。許して」とねばってみる。



「わかった15ユーロ払え。」 お、ディスカウント成功。


それからさらに、ネゴって最終的には10ユーロで済みました。


ブダペストの温泉10ユーロ強するんで、2倍になちゃったわけです。




写真が一切無いけど、ブダペストの温泉はスーパー銭湯ばりに数種類の温泉とサウナ、


さらにはプールなんかが付いてて、一日中遊べます。



結構オススメ。




そこで、ケンタロ、ユカ夫妻とウガンダぶりに奇跡の正解を果たし、しかもオメデタってのが


その日に分かったらしく、宿のみんなでお祝いしました。サバ、イナリ、サバ、サバ、イナリ。
IMG_0754.jpg


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。