最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラキュラの週末

2010年08月03日 19:55

ブラショフの宿で、やかまし過ぎる白人どもを惨殺しようとしたところを紙一重のところで正気に戻してくれたのは、ドラキュラ伯爵。


僕がショットガンの引き金に指をかけ、引こうとしたその時、とんとんと肩を叩かれる。



後ろを振り向くと、やたらと背が高く、真っ黒なコートを羽織り、口ひげとやい歯がやけに目立つ男が立っていた。



「君、君、そんなことをしたって何にもならないよ。さぁ、銃をしまいなさい。」


それもそうだなと思い、ショットガンをバックパックの中に仕舞う。



そして、彼は自己紹介を始める

「僕、ドラキュラ。ここからバスで一時間ぐらいのところに住んでるんだけど、今晩は退屈だったから、こうしてブラショフの街まで出てきてみた。ここが、こんな遅くまで騒がしかったから何かと思ったら、飲み会をやってたんだね。僕も参加したかったけど、如何せんお酒が飲めないからね。だから、こうして彼女の血を頂いたよ。」


そう言われて、隣のベッドを見ると、今朝来たノルウェー人の女の子が真っ青になって倒れてた。


僕は「あー、これがうわさのドラキュラ伯爵か。本当に実在したんだな。よりによってこんなとこに現れるなんて。可愛そうなノルウェー人」とか思っていると、


彼が、「なんだか毎日退屈だからさ、明日、家に来ない?城までの道のりは、ここに書いておいたからさ。」といって、ルーマニア語で書かれたさっぱり読めないメモを手渡される。


僕は「気が向いたら、いくよ。何時でもいいの?」と答え、

彼は「あー。楽しみに待ってる」と言って、急に焦って外へと出て行った。








そして翌朝、僕はしんや君も誘ってドラキュラの家に行くことにした。




時折、バスの車窓に雨滴が打ち付ける中、1時間ほどかけてブラン城に到着。




そして、どうやら彼の居城はありとあらゆる人にばれているらしく、観光客でごった返す。




僕はチケットも買わずに、係員の人に

「昨晩、ドラキュラさんに呼ばれたんですけど」尋ねると、


「あー、あいつまた勝手に外出しやがって本当に困ったやつだ。悪いけど、入場券は買ってもらわないと、駄目なんだ。」

と言われ、しぶしぶ入場券を購入。

中に入場していくと、こんな普通のリビングスペースに通される。
DSC_5889.jpg

そして、ここで10分ほど優雅にピアノでも弾いて待っていると、ドラキュラ再登場。


「さあ、こちらへ」と

怪しすぎる真っ暗な階段を上っていく
DSC_5888.jpg


そして、階段を昇り終えると、バルコニーみたいなところにたどり着く。

そして、「ごらん、あれが自慢の塔だ。今は怒られるからやってないけど、昔はあそこに美女を幽閉してたんだ。」とのご説明。
DSC_5906.jpg


「ついでに、これは屋根のタイル。僕の歯の形に似てるだろ。」
DSC_5962.jpg

その後も、適当に場内を案内される。
DSC_5981.jpg

DSC_5966.jpg


そして、場内を見て回ること小一時間。


「んー。今日も相変わらずたくさんの観光客だ。だが、残念なことにとびっきりの美女がいないな。君にも是非生き血を味わってほしかったのに」と言いながら、あたりをキョロキョロするドラキュラ。


そして、「お、あそこに。」と言い放ってかけていった。


ところが、ドラキュラさん目の前にあった井戸に気づかなかったのか、高い身長のせいで目に入らなかったのかは分からないけど、井戸に下半身ごとつまづいて、上半身から落ちていってしまった。



「あーーーーれーーーー」







そして、小さな女の子がその声を聞いて、井戸をのぞきながら一言


「ドラキュラくん、一面からやりなおし。」
DSC_5986.jpg


っていう、ブラン城でした。
DSC_5992.jpg

スポンサーサイト

多分、世界一の街で人を殺したくなる

2010年08月02日 05:41

ブダペストからミニバスで4時間。


ブラショフという街に到着。目的は、ドラキュラの舞台になったブラン城。



ドラキュラの事なんて、よく知らないけどね。美女の血吸って、十字架とにんにくが苦手って事以外。




ということで、ブラショフの街散策。


12世紀頃から色々と歴史ある街らしく、旧市街にはちゃんとその町並みが残ってて、

まぁそれなりでした。
DSC_5811.jpg

欧州の古き良き町並みって感じ。
DSC_5857.jpg

日本にはないよね。
DSC_5864.jpg

こんな可愛い笑顔で、ジプシー。地元民に嫌われまくり。
DSC_5846.jpg

そして、ここが自称 多分、世界一の街ブラショフ。
DSC_5839.jpg

まぁ、こんな感じで平和でのどかなちょっとした観光地だったんですよ。
DSC_5871.jpg





そんでもって、この時期、ヨーロッパのありとあらゆる学生の夏休みが開始。





ブラショフでは、Rolling Stone Hostelsに宿泊。

7.5ユーロで朝食付き、部屋はきれいだし、もちろんWifi付き、スタッフのシルビアも気さくで大変素敵な宿だったわけ。



ところが、僕らの宿泊した初日での事。




いつもどおり12時ぐらいに就寝。




リビングルームと寝室はドア一枚で隔てられてる。





午前2時半。もちろん部屋は真っ暗。16あるベッドの内、12人くらいはすでに就寝中。




リビングルームがすっげーうるさい。



全然寝れない。



どうやら、宴会が繰り広げられてる。そして結構飲んでる。



そして、3時。



ドミトリーの部屋のドアが開く、



部屋の明かりのスイッチが点けられる。この時点で、空気読めてなさ過ぎる。



しかも、部屋のどかどかと入ってきて、普通に会話してるし、うるさいし、



いつまでたっても電気消さないし、



一回は、注意されて黙ろうとしたものの、引き続きうるさい。





こういうの大嫌いなんです。寝るの邪魔されるの、特に大嫌い。



人に迷惑をかけてて、しかも迷惑をかけてる事に気づかないなんて。


人間として、最低。まぁ、お酒入ってから仕方がないのかもしれないけど、


それでも、しらふの僕は、いらいらいらいらして、もしそこに散弾銃などあろうものなら、


その場で、乱射して奴ら全員射殺してたかも。


日本人も旅館とかで、飲んで騒いだりするかもしれないけど、他の客に基本迷惑かけないようにするよね、普通。


その辺のモラルの欠如が、馬鹿な白人学生どもにはあるらしい。





翌朝、彼らは宿の共同スペースを相当に汚したらしく、


スタッフのシルビアは、ないてました。


「私、どうしたらいいの?5年働いてるけど、こんな事初めてよ。誰よ、犯人。ぶっ殺してやる。」って。


ぶっ殺してやるなんていってないけどね。




とにかくこの時期のヨーロピアン。

特に学生たちは、普通にユースホステルとか安宿に泊まって、

夜中2時、3時までどんちゃん騒ぎするケースが多発してるから、

宿選びは慎重にならねばなりません。













地球で2番目に大きい建造物でのマイケルジャクソンの粋な・・・

2010年08月01日 10:38

ブルガリアから夜行列車のコンパートメントを占有して、朝ルーマニアの首都ブカレストに到着。


ネットで予約した宿(YMCA)に向かうも完全に分からず、英語があんまり通じないルーマニア人に


聞いて回ってると、


ある女性が住所はどこ?と聞ききながら、「iPhone」をかばんから取り出し、


Google Map起動して、あっという間に場所を調べてくれ、教えてくれた。




恐るべし、文明の利器。





なんだかルーマニア人親切です。




とりあえずあんまり見所のないブカレストを観光。



その前に、昼食  せっかくなのでルーマニア特産のチョルパデなんちゃらってスープ
DSC_5782.jpg
これはうまかったんだけど、一緒にいたしんや君が食べたチョルパデブルタというスープは、
スープというより、むしろ酢。くせもほどほどを超えて強烈だし、どうやら日本人の口には合わない。見た目はうまそうだったのに。




で、町を歩いてるとあるルーマニア高官に

「おやおや、あなた方は日本人の方々ですか?それはハラショーですね。せっかくですから、わが国が誇る世界で二番目に大きい建造物 国民の館をどうぞ見ていってください。そしてどうせですから国際会議でも参加していっては頂けませんか?」なんて言われるものだから、


「それはそれは仕方がありませんね。僕らも日本のため、ルーマニアのため人肌脱ぎましょう」っていうことで、



元ルーマニア大統領の悪政を繰り広げた独裁者チャウシェスクが、何を思ったのか50億ドルもの大金をかけて作ったのがこの国民の館。
DSC_5809.jpg



そういうことで、「どうぞどうぞ」と中へと入館


ここが国賓の待機室
DSC_5795.jpg

この廊下を通って、
DSC_5787.jpg


ここで日本とルーマニアの将来について、長々と・・・・
DSC_5792.jpg


そしてここで演説を繰り広げる・・・
DSC_5785.jpg


ってのは、全部うそだけど、とにかく一室一室が豪華過ぎ。

どっかで拾った学生証のおかげで無料で見学出来ました。

全部の部屋が、全部メインって感じです。しかも3000室とかあるらしく、一部はちゃんとホテルとかなんとか利用されてるんだって。



そして、最後になったけどこの建物には、演説バルコニーなんかがある。

バルコニーからの眺め。
DSC_5797.jpg




マイケルジャクソンが、ここブカレストに招待されたらしいんだけど、

彼は、ここから


ハロー、ブダペスト!!」って堂々と挨拶したんだと。


多分、素で間違ったんだろうけど、かっこええなって思いました。

こういうの大好きです。

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。