最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深夜のブリュッセルで痛切に絶望してみる。

2010年09月15日 18:27

ベルリンを思う存分とは程遠いほどに楽しんで、あっという間に後にした。

今じゃ、開発が進んで欧州の上海と呼ばれているらしい。確かにとりとめもなく色んなところで開発途中のビルディングとかあったけど、ベルリンを上海と読んじゃっちゃあ、ベルリンに悪いのではないかと思う。

ベルリンには住みたくても、上海に住むたくない。空気が汚すぎる。中華料理がどんなに美味しくたって、ちょっとあの汚染っぷりは尋常じゃない。

開発が進んでいると言う意味で似ていたって、交通渋滞やら公害やら空気の汚染レベルなんか全然違うし。


ベルリン空港からEasy JetというLCC(格安航空会社)を利用して、辿り着いたのはベルギーのブリュッセル。

到着時刻は、20時半ぐらいだったと思う。

そして、翌朝6時にはフライトが待ち構えている。




さて、どうしようか?



僕はベルギーという国、そしてブリュッセルという町を知らずして、ここを後にするのか?





それにしても時間はない。そして、情報も無い。けど、もったいない。






そして悩んだ結果、やっぱり街を見に行くことにした。







そして、バックパックを預けなければならない。




ロッカーを発見する。



なんと24時間で7.5ユーロ。高すぎる。


しかもそれ以下がない。それ以上しかない。



再び悩む。


けど、ここでケチってられないと荷物を預ける。


ロッカーにバックパックを入れているときに、大きなダンボールを運んでいる黒人が


「ちょっと手伝ってくれないか?」みたいな素振りをする。



こっちはなにしろ時間がない。そもそも街に出る手段があるのかも分からない状況。


でも、そのロッカーには僕1人しかいないし、仕方なく手伝う。



彼の持っていた巨大なダンボールの中身は、40インチのSANYOの液晶テレビ。


どういう事情か知らないけど、彼はこれをロッカーに預けたいらしい。



ところが明らかにその箱は、ロッカーに入らない。



思った。「あきらめろ。」と




しかし、彼は諦めずダンボールからテレビを出して、無理やり中に入れるという強攻策に移る。



しかも、彼は物凄く高価であろうこのテレビを雑に扱うし、上下逆に中にいれようとする。



結局、そのごだごだに時間がかかって、空港のバス停に行けたのは21時半。


ブリュッセル国際空港から市内までは10数キロ。



とりあえず何も分からないけれど、市の中心に行くらしいバスがあったので、それに乗車し、


とりあえず何も分からないまま、人がたくさん降りたバス停で降りてみた。

翌朝、4時には空港には戻らなくちゃならないけど、そんな時間のバスなんて無いから1時間後の終バスに乗らなくちゃならない見たいだってことになる。


そこには数件のパブやレストランと大きな近代的なビルがあった。


で、それだけだった。



その辺をうろうろする。



とりあえず東京に来て、電車に乗って上野駅に着いてみた方が全然ましじゃないかってぐらいに途方に暮れた。



見つけた商店で、とりあえずビールを買う。


そして、PCに入っていた地球の歩き方ヨーロッパ版のベルギーのページを読む。



すると、どうやら僕がいる場所らへんはブリュッセルの本当の中心より少し東に位置していて、

一切の見所がここより駅側にあるという事が分かった。

そして、空港に行く手段がバスだけじゃなくて電車もあり、12時20分ぐらいまでは走っているようなことが書いてあった。




PCを開きながら歩くわけには行かないので、僕は勘で駅を目指して歩き始めた。


夜のブリュッセル、街行く人の7割、8割は黒人。


雰囲気が全然良くない。

移民を受け入れるという事は イコール 治安が悪化する事も受け入れなければならないらしい。


そして、適当に歩き続けること30分。


もうバス停には戻っても、最終バスには間に合わない。



とりあえず大きな大聖堂を見つける。

これもパリのノートルダム大聖堂に良く似ている。

DSC_4409.jpg

そして、古い古いモール
CSC_4427.jpg

ブリュッセル観光   終了





黒人に尋ねると、英語しゃべれなかったりしたので、白人探して駅の位置を訪ねる。



駅に向かうとおりは人通りがめちゃくちゃ少ない。



呆れるほど少ない。



そして駅に行き、空港行き時刻表を調べる。






地球の歩き方によると、12:20ぐらいまで空港と駅間で列車が運行されてるはず・・・・




だった。





ところが空港行き最終列車は、11:25.



完全に過ぎてる・・







もう歩くしかないわけだけど、最後の悪あがきで空港になるべく近い地下鉄の駅まで向かい、


そこから歩くことにした。そこからなら8キロぐらい。



まぁ、いけるでしょ。






そして、誰も歩いていないブリュッセル郊外をただただ北に向かって歩き始めた。






孤独。




何で歩いてるんだろ?って自問自答を繰り返す。




何しろ、この道のりが帰路じゃなくて、日本からさらに離れるためだから。





いったいどこに向かってるんだ?そして、どこに行きたいんだ。




月も中途半端に欠けて、星も大して見えず、町も素っ気無く、



この8キロの散歩は、この旅1、2位を争う途方の暮れっぷりだった。



日本に帰って、日本食が食べたくて仕方がなかった。

DSC_4420.jpg



まぁ、そういうこともありました。それにしても、この時の絶望感は果てしなかったな。





2時間歩いて、ブリュッセル国際空港にたどり着き、絶望のあまり時間つぶしに



ビールとベルリンで買った柿の種を食べたんだけど、この何気ない日本の味、最高でした。



ピーナッツが無かったので、少し不満ですが。










ってなわけで次に目指すはカーボベルデ






















スポンサーサイト

ベルリンの壁を崩壊させてきた

2010年09月14日 17:10

ドイツベルリンには一度来て見たかったんです。


何しろ、GDPが第4位の国の首都。

それに日本よりも先に経済復興を遂げて、今は影を潜めるものの環境に対する配慮を怠らずに、

その辺では最先端行ってる国じゃないですか?

それにドイツ人の真面目なところって、どこか日本人と似た部分があったりして、親近感が湧く。



それにしてもベルリンって観光地としては、あんまりフューチャーされないような。

いまだかつて、ベルリン良かった~ なんて話聞いたことないし。



夜行バスは、ベルリンに着いた。予定より30分早く 冬の真夜中のようさ。
DSC_4175-1.jpg

予約した宿が11時以降に来てくださいというものだから、5時にバス停に着いてから、

とりあえずメトロに乗って、宿の近くの駅に辿り着く。ベルリンの中心からは少しだけ離れている。

だから住宅街。中野富士見町的な感じ。似ても似つかないけど。



11時まで、パン屋さんに備え付けてあるカフェでずっと読書したり、日記書いたりと時間つぶし。

少しだけバックパックを背負って、散歩してみたりしたんだけれど、

その日がちょうど日曜日で、さらには雨がしとしとと降っていたという事もあって、

ベルリンの町はまだまだ全然眠りに着いていて朝が来たのを忘れてしまったんじゃないかってくらいに、

とにかく人通りも少ないし、まだ8月だってのに哀愁が漂っていた。

そして、寒い。


DSC_4191-1.jpg


特にベルリンの何が見たいってわけじゃあないので、

宿にチェックインしてからは、ベルリンの町をただただ散歩。

DSC_4199-1_20100914024514.jpg

ベルリンのシンボルらしいブランデンブルク門へ。

すると門の前で旧ソ連の国旗を持って、記念撮影をしてお金を稼いでるおじさんがいた。
DSC_4205-1.jpg
観光客は、我も我もと彼との記念撮影をしてる。

彼らにとって、東西ドイツに分かれていた時代って言うのはただの過去に過ぎないんだなと思った。

ヨーロッパの人って、ある意味暗い過去だらけだから、そういう過去を持つことに慣れてるんじゃなかろうか?

問題が違うかもしれないけど、戦後60年経っても、相変わらず国旗掲揚とかなんちゃらで揉めてたり、

隣国に国旗燃やされたりして、まだ意味不明に問題抱えてる日本とはえらい違いだなって感じた。

これがナチスの旗だったら、どうなってるんだろ?

まぁ、いいや。



シャボン玉づくりのお姉さん。英語喋ってた。
DSC_4223-1.jpg
言語のルーツが同じってのもあるけど、ドイツ人の英語の上手さは尋常じゃない。彼女がドイツ人かどうかは置いといて。

観光資源が無くとも、それなりのものはベルリンにはありました。
美術館島とかってのが、世界遺産らしいんだけど結局一つも行かずじまい。
行ったのは、ダリ美術館だけ。
DSC_4240.jpg

TV塔 ベルリンといえば、これ。そっけなさが尋常じゃない。目立ってるけど、ほっといてって自己主張しまくてるみたい。
DSC_4254.jpg

たしか国会議事堂の内部
DSC_4332.jpg

多分国会議事堂の内部
DSC_4328.jpg

間違いなく国会議事堂の外部
DSC_4344.jpg

なんだっけな?
DSC_4350.jpg

深夜のバス停
DSC_4362.jpg

ソーセージにカレー粉をまぶしただけって言う、ドイツ名物のカリーヴルスト
DSC_4372.jpg
うまいっちゃうまいけど、ただのソーセージ。ドイツって料理に関しては、あんまりアグレッシブじゃない気がする。ピザとかケバブとかが一般的だったりするし。


なんだっけな。
DSC_4377.jpg

さすが、ベルリン。日本食が豊富にあるアジア食材店もありました。
DSC_4392.jpg
柿の種とのりたまとお醤油とか買わせて頂きました。



ということで、ベルリンの写真もこんなもん。


まだ8月だったっていうのに随分と寒かった。もう10月とか11月ぐらい。

ダウンジャケット着てる人も居るぐらい。

こんな寒いところに住んでしまうと、こぞって南欧のリゾート地に繰り出す理由も分かります。

何しろ寒い。

結局、ドイツはベルリンだけだったんだけど、他の都市もぜひぜひ行ってみたい。

ドイツは全然住めるし、1,2年ぐらい住んでみたい。



そういえば、壁を壊してきたってタイトルにしておきながら壁の写真すら貼ってないことに気づいた。

崩壊させた後の壁
DSC_4298.jpg

壁の横 ガムだらけ。
DSC_4299.jpg

誰も信じないだろうし、僕ですら信じてないけど、壁を崩壊させたのは僕です。

Everything's gonna be all right

2010年09月13日 18:11

プラハなんですけどね、



いやぁ、ここのクォリティの高さははんぱないっす。



みんな(って誰か知らないけど)チェコチェコ言う理由が分かります。
DSC_3878.jpg

そもそもプラハなんだかプラグエなんだかプラガなんだか。
DSC_3879.jpg

ニホンなんだかジャパンなんだかジャポネなんだかハポンなんだかリーベンなんだかイルボンなんだか

この人、怒ってるわけじゃなくて、歌ってるんです。
DSC_3947.jpg

見たこと無いメーカー
DSC_3973.jpg

そんなプラハなんですけど、結構ずっと天気悪かったりして、どんよりとした空気が漂ってたんだけど、
DSC_3977.jpg

なんとなくそれはそれでプラハらしいのかなって感じがする。鉄のカーテンの東側ってのは、
どこもかしこもそいういう時代の匂いがまだ少しだけ抜けきらずに残ってて、天候とともに
そういう香りがひっそりと漂ってくる感じがする。
DSC_3978.jpg

でも最終日だけは、お蔭様で晴れてくれたので、
DSC_4050.jpg

晴れのプラハも、やっぱり気持ちがいいなと。
DSC_4060_20100913005232.jpg

聖ヴィート大聖堂。パリのノートルダム大聖堂を髣髴とさせる巨大さ。
DSC_4081.jpg

そして内部はステンドグラスに太陽光が差し込んで、鮮やか
DSC_4086.jpg

DSC_4089.jpg


旧市街の屋根屋根屋根
CSC_4017.jpg

DSC_4090.jpg



DSC_4104.jpg

プラハの地下鉄、結構深い。
DSC_4110.jpg

ただただ土下座して、お金を乞う若者。ただえらそうに座って、手を差し向けてるよりよっぽど効果がありそうだなと思ってたら、このすぐ後、この人は、ピザを一切れ受け取ることに。
DSC_4114.jpg

適当に貼り付けて、大して解説も相変わらず無いけど、そういうことでプラハは見所十分たくさんあるし、
DSC_4126.jpg

夜だって、街の至るとこでコンサートが繰り広げられてたり、中華料理店がいたるとこにあって、お手軽価格で食べれたり、ビールも安かったり、

とりあえず中欧に時間がないけど、行きたいって人は、チェコ行っとけば、いいんじゃないかと思いますよ。

DSC_4130.jpg

この国も、この町も期待を裏切らないところだなと。
DSC_4153.jpg

世界中の大手メーカーが、チェコに工場を作った理由は、
チェコ人が手先が器用かもしれないとかって適当な理由作って、
実はビールが安いから、出張に最適だなという事で、
いけいけどんどんで皆工場作っちゃったんじゃないかと思ったりもするわけです。
DSC_4169.jpg

この記事見たところで、プラハのどこに行けばいいのかさっぱり分からないけど、
そんな事プラハに行けば、きっと分かります。

プラハ、国立美術館ヴェレツジニー宮殿館へ

2010年09月12日 19:16

そして、再びプラハに戻った。バスで3時間。チェスキークルムロフからプラハへの道のりの車窓は、

丘陵地帯に田園風景が続いて、どこか美瑛の丘を思わせた。

学生でもないのに、みんなStudent Agencyってバス会社使ってる。安いし、割と快適。

バス内でWifiも使えるし。

www.studentagency.cz

プラハに関しては、プラハの春って出来事以外何も知らなくて、いろいろ調べたら美術館が面白そうだったから行ってみた。

ヴェレツジニー宮殿館へ。

メトロのZastvaka駅から北西方面に5分ほど歩いたら、辿り着くなんだか巨大で空虚な建物。


すっごく広いんですよ。まともに見たら絶対に3時間以上必要だと思われます。

そして、期待しないで行くと、裏切られずになかなか素敵な絵画をたくさん見ることが出来ます。

チェコ出身の画家や、世界の著名な画家の作品、そして最近の現代美術なんかも展示されてて面白いはず。

最後の晩餐
DSC_3807.jpg

モネ 「Orchard in Bloom」
DSC_3811.jpg

セザンヌ「フルーツ」
DSC_3813.jpg

ルノワール「Lover」
DSC_3815.jpg

ゴーギャン「こんにちわ」
DSC_3817.jpg

ゴッホ「Green Corn」
DSC_3818.jpg

そして、ピカソがたくさん
DSC_3822.jpg

ピカソ
DSC_3823.jpg

ピカソ「Woman in Armchair」って題なんだけど、どこにウーマンが?どこにアームチェアーが?って
めっちゃ悩んだ。
DSC_3831.jpg

ルソー「私自身、肖像=風景」
DSC_3834.jpg

犬神家の一族?
DSC_3838.jpg

知らん。
DSC_3839.jpg

知らん。
DSC_3842.jpg

そしてチェコ出身の画家クプカの作品が大量に展示されてる。
DSC_3859.jpg

バラエティに富んでて、一つ一つが想像力にあふれてて、見てて楽しかった。
DSC_3863.jpg

閉館間際で時間なかったけど。
DSC_3864.jpg

そして、最後にクリムトの「Virgin」
DSC_3866.jpg

って事で割りと有名な作品なんかもあって、国立美術館ヴィレツジニー(ベレツジニー)宮殿館

プラハで3日あるなら、2日目の午後か3日目に行ってみてもいいのでは?



世界で一番美しい町

2010年09月11日 19:08

リスボンに居るときに、一週間後のベルギー発カーボベルデ行のチケットを買ってしまったために、

そこから急ピッチでの移動が開始された。

空港でいちゃつく若すぎるカップルというか、実はただの兄妹。
CSC_3642.jpg


リスボンから飛行機に乗ってマドリードで乗り換え、再び鉄のカーテンを越えて、チェコ共和国へ。

プラハに着いて、そのままチェスキー・クルムロフへ。

とりあえず予約しておいた宿にチェックインして、荷物を置く。


すると隣のベッドにこんなものが。
DSC_3647.jpg

明らかに地球の歩き方なんだけど、欧の字だけがどうやら違う。

誰もいなかったので、中をぺらぺらをのぞいてみると完全に中国語。

ダイヤモンド社が中国語バージョンを発行したなんて話一切聞いたこと無いので、

これは完全にパクリ。ちょっとひどすぎる。韓国語版でもデザイン真似してるのあるんだよね。

ガイドブックの表紙ぐらい、パクらずに作れんのか?


それはともかく、このチェスキークルムロフ。

夜に到着したので、町の全貌は全然明らかじゃなかったけど、バスターミナルから宿までの道のりを

歩いただけでも、この町の良さがひしひしと伝わってくる。
DSC_3657.jpg

そして、翌朝散歩開始。
DSC_3665.jpg

まず、この町自体とても小さいから、歩き回ったって、半日どころか1,2時間もあれば十分。サイズ的には。
DSC_3668.jpg


なんだけど、小ささゆえにその小さな体全体で中世の香りを全力で現してくれてて、実に気持ちがいい。
DSC_3676.jpg

中欧、東欧を回っていると、大体見所は旧市街だったりして、それをたくさん見てると、
正直飽きてくる。凄いんだけど、こないだと同じやん。みたいな。

だけど、このチェスキークルムロフはそんな旧市街に飽きてしまった僕の目すら感動を覚えさせてくれた。
DSC_3684.jpg


こういうお土産なんかも実にオリジナリティあって、飽きないんですよ。
DSC_3700_20100911015133.jpg

本当に童話の国に居るような雰囲気。
DSC_3707.jpg


DSC_3732.jpg

塔の上から町を眺めてみる。
DSC_3738_20100911015132.jpg

彼らのラッパの音色が結構遠くまで響き渡っていて、その曲がまた町に実にフィットする音色。
DSC_3750.jpg

DSC_3752.jpg
DSC_3757.jpg
そういうことで、チェスキークルムロフはこの欧州の数々の世界遺産や旧市街の中でもイチオシです。
DSC_3764.jpg

他の国の旧市街行っても、もちろん見た感じは違うだろうけど香りというか、
路線が一緒なので、無理していかなくても、とりあえず時間が無ければチェスキークルムロフに来ておけば
いいんじゃないんか?と思ったわけです。
何しろビールが安くて、うまいのです。そして、こんな景色が見られる場所で飲むビールはまた格別。
DSC_3790.jpg

ということで、時間内けどヨーロッパに行きたいんです。っていう人はチェスキークルムロフへ。
DSC_3802.jpg

プラハからバスで3時間。確か6ユーロ強ぐらい。

もう少しだけリスボン

2010年09月11日 00:38

リスボンの写真がまだまだあったので、とりあえずこうやって並べてみたんだけど、

いかんせん書くことが思い当たらない。

なにしろリスボンに居る間、居心地が良い割には宿泊客が少なかった宿で、

毎日だらだらしてて、観光も大してしてない。

そこまでして、なんでリスボンに居たかと言うと、
DSC_3440.jpg(ペドロ4世広場)

この先で行く予定のカーボベルデのビザ待ちをしてたから。
DSC_3447.jpg

日本レストラン ヤクザって、日本でこの名前で出すの、相当なリスクが要るような・・。
それにしても、ヤクザって単語は海外でだいぶ名を馳せております。
DSC_3566.jpg

リスボンの坂道登る路面電車
DSC_3570.jpg


リスボンの坂道登る路面電車2
DSC_3571.jpg

物干し。
DSC_3575.jpg

イスラムの女性。ブルカで髪の毛隠しときながら、微妙に透けてたり、それが余計に艶っぽい。
イスラムの本来の目的とは逆効果。そして、多分確信犯。
DSC_3584.jpg

リスボン
DSC_3590.jpg

リスボン
DSC_3593.jpg

この泡立ち!?
DSC_3611.jpg

このポルトガル特有のどの家や建物にもある壁のタイルなんだけど、どこかモスクの装飾に似てる。
というかかなり似てる。
DSC_3618.jpg

ってなわけで、リスボンでカーボベルデビザが取れたのは24日。

本当は25日のトマティーナに行きたかったんだけど、どうやら物理的に行くのが難しくなりまして、

何を思ったか、スペインの格安航空会社 Vueling航空を使いまして、チェコのプラハへと飛ぶことに。。


リスボン安宿情報

そもそもリスボンには安くて、綺麗で新しい快適な宿がたくさんあるので、適当にネットで探せば見つかるとは思います。

Rituals Backpackers Lisbon Hostel
料金:月~金 16ユーロ 土日 18ユーロ
場所:Rua de São Paulo Nº111 2nd floor
地下鉄Metro Cais do Sodre から徒歩5分

何しろキッチンが充実していて、コーヒー、紅茶は無料。Wifi無料。
とても綺麗で、スタイリッシュな内装です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。