最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ウガンダ)平均身長150センチ以下の人達

2010年05月31日 20:33

全力で追いつかなきゃいけないのに、まだこっちはウガンダ。


さくっとピグミーの記事を。




ピグミーってどっかで聞いた事あったけど、一体それがなんなんだかさっぱり知らず。




ナイロビで聞く限りは、小人だという事で、ウガンダには行こうと思ってたんだけど、




一体、何を見たらいいんだ、そこで?みたいなとこに取り合えず見所が用意してあったんで、



訪問させて頂いた。




ピグミーがすむ村までは、カンパラから5時間くらいバスに乗りポートフォータルという町に行き、



そこからさらにバスで2時間。そこまでの景色は、日本の高地みたいな緑の茂る山と青い空の絶景が続く。


IMG_0318.jpg

そうこうして、ピグミー村近くで下車。






舗装の一切されない荒れた道を、とぼとぼと歩いて誰が道行く人々が



余りにも普通だったから、ちょっと小さめな人を見つけて







え、これがピグミー?(どうもそれは違ったらしい。)






みたいな気分で、ずんずん歩く。



そして、ようやくピグミーが住む集落到着。






ピグミーに出会う。

DSC_2964.jpg










確かにちっちゃい。





でもそれだけ。




ちっちゃい大人たち それがピグミー。





エチオピアで少数民族たちを見たような衝撃は特に無く。

DSC_2984.jpg


なんだか向こうも特にやる気なくて、どいういうわけか大麻を育ててると言われて見せてもらった。
DSC_2958.jpg

彼らの大事な収入源らしい。ウガンダではもちろんイリーガルなんだけれども。


そういうことで、ピグミーの小ささは写真撮るだけじゃ全然分からない。
DSC_3012.jpg


彼らも彼らで一通り見終わったら、




「もらった入場料で、買い物に行きたいから早く帰ってくれないか」見たいな事言われて、




客人に対して、えらく失礼だなとか思いつつも、最近の民族訪問はどこもかしこも



こんな対応なんで大して腹が立つことも無く、村を去ったわけです。






スポンサーサイト

(ウガンダ)ゴリラの国

2010年05月30日 21:46

ナイロビから夜行でさくっとウガンダの首都、カンパラへ。



ずいぶんと距離があるはずなのに、道がずいぶんと良くて、



夜出たバスは、深夜の国境超えを経て早朝に着いた。








そして、カンパラでバスを降ろされて、安宿のNew ABC Hotelへと向かい、チェックインを済ませる。








カンパラの初っ端の印象は、茶色。






道路が舗装されてたり、されてなかったりでされてない部分はアフリカ特有の赤土がずいぶんと目立った。









そして何より日本車が目立つ。ずいぶん前に書いたけど日本の中古車だらけ。






ナイロビでもそうだったし、この後行く国も大体そうなんだけど、





日本の厳しい車検を諦められた車たちが、こうしてここで第二の余生を送っている。




何気に余生のほうが厳しい道を体中ぼろぼろになっても問題なく、走らされるのでなかなかハードな人生を



送ってるみたいだけど、ここまで日本車が走っているとやっぱりうれしい。






ウガンダのイメージって何となくゴリラだったんだけど、ちょいちょいゴリラっぽい人を見かけた。




ゴリラっぽいというか、一つ間違えればゴリラに生まれたんじゃないかみたいな。
DSC_3112.jpg







アフリカの首都は、首都だけにそれなりに都会なとこがおおくて、カンパラもそれなりに都会だった。



それなりの中層の建造物とそれなりの商店。


そして一軒だけ見た何でも売ってるカルフールみたいなスーパーマーケット。



さらに何故かヒンドゥー寺院。
IMG_0277.jpg



ほとんどルワンダのビザ取得のためにしか居なかったけど、



首都なりの魅力を秘めた都市だったんじゃないかと。



ウガンダ入ってから、朝食はこればかり。
カトゴ。
IMG_0282.jpg




ハイエースに染まるカンパラ

2010年05月02日 11:36

たまにはリアルタイムに書いてみようかと。

ブログでは、ジンカに着いたくらいだったかと思うんだけどその後、少数民族ツアーをやっつけ、

エチオピア国境を越え、ナイロビまでハードなトラック移動をこなし、

肉食動物達と戯れるサファリツアーを完遂したのち、


ウガンダの首都カンパラにやってきました。

上記3行で書いた事はおそらくアフリカのハイライトなのでちゃんと写真と一緒に記事書くけど、

今そんな気分じゃないので、カンパラを走りまくる日本の中古車達の写真でも載せてみます。


ナイロビでもカンパラでも、日本ではあまり見なくなった90年代に生産されたと思われる

日本では車検通すのが大変だけど、まだまだ全然走れるんじゃね?

って車がおびただしい数走っていて、なんだか嬉しい。

基本的にはトヨタの車が多くて、ハイエースの数なんて本当に半端ない

バスターミナルを埋め尽くすほどのハイエースが日本から輸入されている。



IMG_0271.jpg


IMG_0273.jpg

IMG_0280.jpg

IMG_0283.jpg

IMG_0284.jpg

IMG_0285.jpg






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。