最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えじぷと人と軽くけんか。

2010年03月20日 23:31

17時にカイロを出たバスは、15時間くらいでアスワンに到着。

あっさりとルクソールを吹っ飛ばしてしまった。


エジプトの遺跡に、どうにも興味が持てず、と同時にエジプトにも飽きたらしく、

色んなものをすっ飛ばした。それがエジプトのメインになろうかというのに、石川に行って、兼六園を見ないくらいにすっ飛ばした。



アスワンに到着して、出発まで2日しかなかったので取り合えず観光を。という事で

ナイル川を東岸から西岸へと渡る。


渡る際、民間ボートとやらに乗り込むんだけど、

そこで「5ポンド!」と言われる。

しかし、そこの公定料金は0.5ポンドのはず。


「知ってるよ、50ピアストリーでしょ。」と言い張るも、

「ノー、5ポンド。」としつこく言って来る。

「いやいや、50ピアストリーでしょーに。さっきの人、50しか払ってなかったでしょ」と言っても、そんなの関係なく

「5ポンド払え」と言ってくる。


そこで、事情を知ってそうな欧米人のおばちゃんが来て、5ポンドを払うと彼はそれをさっさとしまってしまうんだけど、

おばちゃんは、その5ポンドをぶんどって、50ピアストリーを支払った。


それを見習い僕も50ピアストリー払おうとしたんだけど、残念ながらなくて、彼に無理やり1ポンドを突きつけて、

ボートに乗り込んだ。

DSC_0380.jpg

対岸に着いて、そこから見える高い丘の上目指して歩き始めると、

ムスタファなる青年が話しかけてくる。

「俺は、ヌビア人でエジプト人じゃない。だからマネー、マネー言わない。君を遺跡と街につれてくよ。ここに来る日本人や韓国人は、みな僕をナイスムスタファと呼んでくれるよ」


そうして彼は、僕にらくだに乗せてくれ、墓を見た後、街中を歩いた。
DSC_0385.jpg

念のため、「これに金はかかるの?」って聞いたら、「いやいや心配しなくていいよ」との回答。

そのらくだがまた、暴れらくだで彼が行きたい方向とは違う方向に首を振る。

彼とらくだとの壮絶な行き先についての戦いが頻繁に行なわれる。
DSC_0395.jpg


僕はそんならくだに乗せられながら、

「彼はこうして大きな親切を装ってるわけだろうけど、最終的には金をふんだくってくるのかな?エジプシャンとヌビア人に対する最後のチャンスという事で、とりあえず彼を信じてみよう。そして、彼が金をふんだくってきたら僕のエジプト人に対するイメージはもう最悪だ。」って事を考えつつも、らくだから振り落とされないようにかれこれ1,2時間は少し目線の高い鞍の上からの旅を楽しんだ。


途中、木陰で休んでいる時に、やたらとボディタッチをしてきた。

「僕はヌビア人だからリラックスしていいよ。ほらこんな風に」って言って触ってくるし、触られてくる。



気持ち悪いから、「いらん、いらん、触るんじゃね」って冷たくあしらった。



あと、このムスタファ23歳。もう子供が二人も居るとか言うんだけど、


一人は3歳で、もう一人は7歳とか言ってきて、どうにも信じられん。


全ては「俺はヌビア人だから」で済まされる。




ヌビア人って何者?





そうこうして、時間が過ぎて、らくだの上からじゃ揺れて写真も取れないから、

「いいよ、もう歩いて街を回る。さいなら」っていい別れようとすると

「ちょっと、ちょっとちょっと」と言って着いてくる。

そうして、小さな路地で「2時間らくだ乗ったよね。2時間分のらくだ料金を払ってくれ」と言ってきやがった。

「いやいやいやいやいや、お前俺いくらか?聞いたらノーマネーでいいつったじゃねーかよ」

こうして言い争いが始まる。



で、「2時間でいくらなんだ」と聞くと「40ポンド(約680円)」との答え。


「なんで最初に言わなかったんだ」と聞くと、


「最初にらくだは一時間いくら?と聞いてくれれば答えたけど、聞かなかったじゃないか?」




「いやいや、聞いたでしょ」そうして、立ち去ろうとすると、


「とにかく、金を払わんとここを通さん。」といってきやがる。


タバコを吸おうとする彼に、とりあえずライターだけあげて、



「じゃね」って無理やり通ろうとするけど、




こっちのカバンとか引っ張ってきて、もう押し合いへし合い。


こっちの帽子とかカメラとか引っ張ってきて、


「やめろ、やめろ」とか言い争ってると



子供達が寄ってくる。



ムスタファ的にもこの状況は芳しくないらしく、よってくる子供達に怒鳴り散らして、近寄らないようにしている。


こっちてきには、その芳しくない状況が、芳しいので、その子供達のそばに行くようにして、



その揉め事を続ける。




最後には、「10ポンドでいいから払え」とか言ってくるけど、




「金ないから払わへん。」と頑なに払わないで居ると、



ようやくあきらめた様子で、




「じゃー、もう二度とこの村には戻ってくんなよー、おしりぺんぺん」ってな感じでムスタファは僕を解放した。




そして、ボート乗り場に向かって歩く途中、また別のヌベア人に声をかけられる。



「僕は、ムスタファだ。らくだにのらない?お金はいらないよ。」



ヌベア人、全員ムスタファかよ。






帰りのフェリーも、5ポンドとか言ってきたので、1ポンド払って無理やり0.5ポンドコイン奪って船に乗り込んだ。




とにかくエジプトの観光地ってのは、基本的にはこんな感じ。





エジプシャン、基本的にはいい人なのかもしれないけど、


3,000年前の遺跡にこだわって潤っている彼らは、退化しているとしか思えない。



スポンサーサイト

カイロの日々。というか猫。

2010年03月17日 19:32

明日、エジプトを出発。これが更新されるのが17日?

出発するのは、3月15日。そういうことで、ブログがほぼリアルタイムとあいなりました。

めでたしめでたし。


ちょっと前まで一ヶ月前の話だったのに、いきなり追いついたのはカイロでの不毛な日々のおかげでしょう。


あっさり27日くらい居たらしい。


安宿をを転々と4件し、ついでにヒルトン一軒。


コシャリという、米とパスタとマカロニと豆をあわせてトマトソースをかけただけというなんとも

オリジナリティあふれて、安い食事を毎日のように食べ、一食 50円。


再び、色んな友人と再会したり、そしてぐだぐだカイロで毎日同じ通りを通って、

毎日同じアイスを食べて、
cairo2 (10)

ピラミッド、もう一回行って、
cairo2 (7)

コフテっていう、肉のかたまり食べて
cairo2 (5)

ついでにチキンも食べて、
cairo2 (4)

朝マックもして、ホットケーキの旨さにも感激して、
cairo2 (2)

エジプトには、野良犬は全然いないけど、猫がたくさん多いなって思って、
cairo2 (3)

でも、猫が多い国はいい国って変な固定観念は、ちょっと取り払われたような気もして、
エジプトがこんなだから、
cairo2 (1)

猫はモスクの中まで普通にいて
cairo2.jpg

そんなカイロの日々。
cairo2 (8)

写真は、アレクサンドリアって町から。地中海があまり綺麗に見えない。
cairo2 (9)

そういうことで、アフリカ縦断開始です。
cairo2 (6)











カイロで豪遊!!

2010年03月16日 21:20

カイロで一日1,000円以下の暮らしを続ける中、突然の豪遊が始まった。

さしみー。マグロもサーモンもひさびさー。うめー。
goyuc (8)

てんぷらー。あぶらっこいー。前々から気づいてはいたけど、味噌汁は世界一旨い飲み物だと思った。
goyuc.jpg

日本で見るなんてことないこんな絵も、この長旅ではとっても貴重。
goyuc (1)

この後、カイロのカジノへ。

戦果 34ドル。ミニマムが5ドルと、一回ベットして負けると、宿代が一日飛んでいく。

ビール飲めて、ジュース飲めたし OK。

エジプシャンの入れないカイロのカジノ。ネパールなんかに比べると高級感漂いまくってる。

そして、ナイル川沿いのラムセスヒルトン 五つ星になんか知らんけど宿泊。
goyuc (3)



これは、また別の日のラムセルヒルトン最上階レストランからの景色。
goyuc (4)

シーザーサラダ。一年ぶり♪
goyuc (5)

サーロインステーキ。一年ぶり♪
goyuc2.jpg

カイロの庶民どもを見下ろす。
goyuc (6)


なんでこんな豪遊にめぐり合えたかというと、大学の友人が立て続けに二人、カイロに偶然来る事になって、

そして偶然にも都合があって(というかこっちが暇なだけなんだけど)、1年ぶりくらいの再会が出来た。


二人ともばりばりの社会人。

いい友達を持ちました。そして日本で働く社会人の力を見せ付けられました

カイロを底辺からてっぺんまで駆け上がった気分。

自分も、会社辞めないでずっと働いてたら、この4月から6年目になるらしい。

卒業してから随分経ったなと実感。

回りも結婚の話が続々と出始めてる


こんな事してていいのかって少し悩むけど、この日々の充実感が尋常じゃないから

これでいいんだろーね。もう二度とやってこないかも知れない充足した日々です。


そして、戦果
goyuc (7)



とりあえず写真みてくれ@エジプトさばく

2010年03月15日 20:50


カイロに着いて翌日、とにもかくにもバフレイヤオアシスに向かった。

バフレイヤオアシスに向かう途中の休憩ポイント。バスで行ったんだけどね。
sabakuegypt (1)

いきなり砂漠。
sabakuegypt (2)

砂漠で逆立ち。
sabakuegypt (3)

黒砂漠。
sabakuegypt (4)

砂漠でエンコ。このあとどうしたんだろ?
sabakuegypt (5)

砂漠でひとり。ひとりじゃなかったけど。
sabakuegypt (6)

風が吹かない砂漠だから、こうして車の轍がたくさん。
sabakuegypt (7)

マッシュルームとチキン岩。
sabakuegypt (8)

うさぎ岩。
sabakuegypt (9)

砂漠とパスポート
sabakuegypt (10)

夕陽を見つめるジジ
sabakuegypt (11)

そして、白砂漠。
sabakuegypt (12)

夜は砂漠で寝る。

一応、壁だけのテントみたいなのを作ってくれるんだけど、そんなの無視して適当にマットもってって
適当に好きなとこで寝れる


そんな最高な事無い気がする。
sabakuegypt (13)

満点過ぎるくらいの星空。流れ星がたくさん。
sabakuegypt (14)

砂漠の夜は静寂そのもの。すっごくとおくの方の音が聞こえる。でも、夜中ベドウィンだか知らないけど、
楽器を叩きながら、移動してて12時くらいまでうるさかったけどね。

とにかくこの静寂は、カイロの喧騒とは正反対の環境にあった。

多分、カイロがあんなにうるさいのはこの砂漠の静寂さが恐怖で恐怖でたまらなくて、
そこから逃れるためなんじゃないかと思った。
sabakuegypt.jpg


この砂漠での体験は、やっぱり写真じゃなくて来ないと分からんです。

マーシーを追って、エジプト入国。ついでにピラミッド。

2010年03月14日 09:01

まーしーを追って、中東南下。

実は、エルサレムでほんの数時間追いついたんだけど、書きそびれた。




ヨルダンのアカバ港からエジプトのヌエバ港へとフェリーで向かう。

高速フェリー 70ドル。  最近、散財気味。


イスラエル出国税、ペトラ遺跡の入場料、そしてこのフェリー代


アカバ港で、チケット購入を待っていると同じ色した台湾人に発見され、

話しかけられる。その親父

鼻毛ぼーぼー

めがね垢だらけ


はげ、中年、小太り

直視できなかった。直視すると鼻からさっき食べたチキンケバブのチキンが出るんじゃないかと思った。

でも台湾の大学教授。仕事で来てた。


アジア人という一体感からかやたらと付いてくる。


でも、その鼻毛ぼーぼーっぷりの迫力に押されて、結局フェリー乗り場に行くバスで、


別々に。



  ごめんなさい。





ヨルダン アカバ港からエジプト ヌエバへと向かうフェリー
ma-shi (3)




フェリーはうわさどおり乗船してもすぐには出発せず、ずーっと待たされる。





出向して一時間半くらいすると、フェリーはヌエバに着くんだけど、そこから下船までまた一時間くらい待たされる。



写真は、こっちのコーラと紅海。
ma-shi (5)




そうして、ヌエバ港に着くと、ヨルダンとは雰囲気がまるで違う。



蒸し暑くて、エジプシャンたちが固まってバスの入り口で揉めてるし、




タンカーの上では幾人ものエジプシャンたちが大声を張り上げて、荷物の持ち主を探しているし、



ハエは群がってくるし、




ついにアフリカ大陸に上陸したんだなってのを実感








と、同時にこの感じがどうにもこうにもインドに似てる。






ここはインドか?と錯覚する。







とりあえず、インドはもういいんですけどって気分になる。







ヌエバからシナイ半島は、無視してカイロに行くつもりだった。







砂漠ツアーに行く約束があったもんだから。








でも、この鬱蒼とした感じがあまりにもインドとシンクロしてしまい、





このままだとエジプトに対するイメージがマイナスからスタートしそうだったので、






ずいぶんと高いミニバスで、かの有名なダハブに向かった。





そしてそこで、マーシー捕捉。おとこまえまーし。イスタンブール15日前に出たマーシーを完全に捕捉。
この上ない意味の無いテーマ。
ma-shi (7)


ダハブの夜景
ma-shi (6)


ダハブ、やばすぎる。気持ちよさげすぎる。歳さえ取らなきゃいくらでも居れるんじゃないかって雰囲気むんむんしてる。

完全に沈没癖ついた僕にとって、この街は危険すぎる。




そういうことで、ダハブをわずか5時間にして出発。  ダイビングのライセンスも取る予定ないし。


そして、翌朝カイロに到着して、さらーーーっとピラミッド。

スフィンクスの目の先にあるピザハットから取った写真をひっくり返したらこうなる。
ピラミッドが帽子被ってるでしょ。
ma-shi (4)


ma-shi (9)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。