最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネパールのこと。

2009年09月24日 22:53

ネパールは後発開発途上国。つまり最貧国。

世界で一番貧しい国のひとつ。
確かに、ネパールには物がない。自国製品なんてほとんどない。ほとんどはインドや中国からの輸入品。あるものといえば、国内で作った質の良くない有名アウトドアブランドメーカーのコピーだとか、各国のCDやDVDのコピーだとかそういった海賊品。あとは麻などの繊維関連。
それを除けばほとんどが農業。

それに首都なのに当然のように毎日2時間とか停電。国の電力のほとんどが水力発電で、乾季の間は8時間停電するらしい。

日本じゃあり得ない事だけど、ネパールではずっとそれが当然のごとく行われて、住民は、それを当たり前のように受け入れて、少しの工夫と大量のろうそくで毎日を暮らしている。

そんなのを見ていると、僕達は電気に頼り切ってるけど、人間無くても全然生きていけるんだという事を改めて実感させてくれる。

ほとんどのホテルでお湯はソーラーパネルで作り出してるから、天気が悪いとお湯が出なかったりとか当たり前。

例え労働力が安くても、地理的には他の途上国に比べると運輸の面でかなり不利だし、正直経済的に発展するには、他の東南アジア諸国とは別の道をたどらない事には難しいと思う。

カトマンズを歩いていても、大きなビルなんて全然見当たらないし、大きな企業も見掛けない。

ネパールは当分このままなんじゃないかななんて思ったりする。

それに、隣国インドの影響を受けまくるせいで、自力で何とかするなんて大変困難な話だろうし。


物乞いは多いし、日本で缶ジュース一本買うだけの100ルピーのための彼らの労力はかなり大きい。失業率は50%近い。
致命的な話だと思う。

働ける力があるのに二人に一人が働けないなんて。にも関わらず、最近ネパールは値上げラッシュでここ一ヶ月でも値上げに遭遇した。だからよく値上げに反対するデモなんかも行われてる。

結局、多くのネパール人は英語や他の言語を習得して、日本や北米、ヨーロッパなど海外に出稼ぎをしようと切磋琢磨してる。多分、それが経済的に豊かになれる一番の方法なのは間違いないね。

こんなに貧しくても治安の悪さはあまり感じられないし、彼らは基本的に親切。もちろんお金目当てに親切にしてくる人たちもたくさん居るけど、それでも押し付けがましさがなくて、「いらないならいいよ」って場合が多い。

身銭を切ってまで親切にしてくれる事もあって、ネパール人の国民性は本当にいいな。

他人を不幸にしてまでは、幸せにならなくていいやって感じ。

何でこんなに良い人が多いのか不思議なくらいに、多い。
こっちが騙されるかと身構えてても、肩透かしに合っちゃう感じ。


先日、あるラフティングのガイドに教えてもらったジョークなんだけれども、

「アメリカ人とドイツ人と日本人と中国人とインド人とネパール人が同じボートに乗って、 ボートから何かを捨てなきゃいけないシチュエーションに陥った。

そこでアメリカ人はお金を捨てた。お金ならいくらでもあるから。

ドイツ人は長靴を捨てた理由は聞き取れず。
日本人は、デジタルカメラを捨てた。デジタル機器ならいくらでもあるからね。

中国人は、コピーのデジタルカメラを捨てた。中国人コピー得意アルヨ。

インド人捨てたのはなんだったか分からないけど、

ネパール人は捨てるものが何も無くてインド人を捨てた。
ネパール国内にインド人はいくらでもいるからね。」 そんなジョーク。

カトマンズは何も無いけど、埃まみれ。

明らかにインド人っぽい人がネパールにたくさんいるんだけど、人が良く無さそうなインド人がたくさんいる。

偏見なんだだけど、言動とか見ててもやっぱりネパール人と違うね。

インド人とネパール人じゃ、目が違う。ネパール人は目が優しい。

それじゃなくてもネパール人は、いつも笑顔で答えてくれて、そんな貧しさを感じさせない。

別に物売りじゃなくても、目が合って、愛想よく「ナマステ」と返事してくれると、こっちが気持ちよくなる。

お金も大事だけど、やっぱり人だね。



スポンサーサイト

再びカトマンズでカジノ三昧

2009年09月24日 16:45

ポカラで色々とネパールとインド間の国境についての情報を知る限り、どうやらスノウリからインドに入ると、どうも美味しくない状況に巻き込まれるケースが多発してるらしい。

結局はお金で解決出来るんだろうけど、面倒臭いし。次にどこ行こうか考えたあげく、半鎖国の国ブータンに行ってみようかなという事で、ネパール最東の町カーカルビッタから抜ける事にした。

快適なツーリストバスに乗って、再びたどり着いたカトマンズはすでに見慣れた街。

観光し尽くしてやることないや。

そういうことで、行き着いた先はカジノ。

すでに5回くらい行ってるホテルアンナプルナ併設のカジノ アンナプルナ。

カジノに行った理由は遊ぶだけじゃなくて、もうひとつはネパールルピーからインドルピーへの換金。

ネパールルピーとインドルピーは固定レートで、1:1.6。両替屋で変えるとレートが悪くなるので、一番良いのは、カジノ。



カジノで、ネパールルピーをいったんチップに変えてそれをインドルピーで貰うと、ちょうどそのままのレートで換金出来る。でも、カジノで少しでも負けたらそんな為替の差なんて一瞬で吹き飛ぶ訳だけど。



遊んだゲームは、バカラだけ。バカラだけは、ミニマムベットが200インドルピー(400円)とブラックジャックやルーレットに比べるとハイリスクなんだけど、人が集まってるのは、いつもバカラだし、僕とはどうも相性がいい。

マカオのカジノでひらめいた「強い人に便乗作戦」決行を試みるも、どうもそのテーブルそんな人見当たらない。

そういうことで、初日は自分を信じて、たまに他人を信じてBanker やPlayerに賭けつつ、タダのビールを飲むこと1時間半。

3,000Rsが4,500Rsくらいになりました。3,000円くらいの勝ちになるかな。

相変わらず小勝ち、なんだか面白くない。とはいっても、滞在費にしてみると結構な額。



そして2日目。この日は気付けば26歳最後の日。 26歳の自分の運をすべて使ってやれと意気込んで、再びバカラのみの勝負。

今回も、強い人に便乗作戦が出来そうもなく、自分を信じ続けて遊ぶこと2時間半。

結果は、勝ったり負けたり2,500Rs(約5,000円)の勝利!!なんだか規模が相変わらず小さいな。 24時を迎えると宿に入れてくれなくなりそうだったので、そんなこんなで宿に帰る。


宿はシャッター閉まってて、そばにいたネパール人がシャッター開けるの手伝ってくれて何とか部屋戻れたけど、 27歳をカトマンズで野宿で迎えるかと思って、焦ったー。

ポカラでライブ(ネパール)

2009年09月19日 11:07

ポカラでぽかぽかし過ぎて、ビザの期限が迫りまくってきた。

8月18日にネパール入国して、30日のビザを貰ったので、期限は9月16日。

そして、気付けば9月の11日。テロのあった日、そして僕の7年目の祖母の命日。



とりあえず、これからどうするか熟考したあげく、、ネパールの一番東側から出国して、

東側からインドを舐めまわそう。地図も大してちゃんと読んでないし、各都市がどこにあるのか、

さっぱり知らないけど。




12日には、レイクサイド沿いのキャンプサイトで、Music Television主催のフリーライブがあって、

リハーサルとかが前日から宿のほうまでがんがん聞こえてたし、ただなら行かないと勿体無いでしょ。ってことで、生ライブ行ってみた。

ネパール人とオーストラリア人のアーティストで全然知らなかったけど、

なにはともあれ生ライブいいね。
IMG_3903.jpg

IMG_3851.jpg


ライブが終わって、湖の傍を歩いていた日本人募集のTシャツ着てた兄ちゃん
隣にネパール人の彼女連れてた。

IMG_3915.jpg














ポカラな日々2(ネパール)

2009年09月18日 11:38

宿をレイクサイドに移してからはよりいっそうのんびり。

まず宿の居心地が素晴らしい。Hotel Mandara。
IMG_3616.jpg


静かな中庭があって、うさぎが飛び跳ねてて、Wifiも使えて、バストイレが部屋の中にあって、
IMG_3584.jpg

一人200Rs。部屋の外にある椅子に座ったり、芝生で寝転がったりして一日中読書をしてみたり、テント借りて、ものすごく久々にテントの中で一泊してみたり、キッチン借りてパスタを作ってみたりと、本当にのんびりした毎日過ごした。
IMG_3608.jpg


朝食は、100円程度のBreakFast。パンとベイクドポテト、ミルクティーかコーヒー、卵2個と優雅な朝食をゆっくり味わい、
IMG_0078.jpg

昼過ぎには、湖沿いにあるレストランで湖眺めながらネパール料理のダルバート(200円くらい)を頂く。
IMG_3680.jpg

それでもって、夕方には湖を散歩してみたりして、
IMG_3688.jpg


IMG_3700.jpg




みんなでラフティング行こって話あったんだけど、僕だけ断らせて頂き、その分さらにのんびり。

ダライラマ自伝をじっくり読ませて頂きました。

ちなみにポカラから日本まで荷物を送ったんだけど、1キロ 1150Rs(1400円くらい)

いつ届くんだろか。カトマンズ着いて、すぐに送ったポストカードもまだ届いてないみたいだし。

IMG_3756.jpg



そんなポカラ。



IMG_3685.jpg

ポカラでバイク

2009年09月17日 11:27

地球の歩き方に乗ってるポカラから2時間ほどのところにあるという温泉にみんなでバイクを借りていくことに。

色々というか、日本でこんな事起きたら警察呼ばなあかんだろ、的な事が起きたわけです。

バイクのレンタル料は、1日で350Rs(430円くらい)と激安。

ガソリン代が一リットル 85円くらいはするので、5リットルも入れるとレンタル料よりガソリン代のほうが高くつくのです。
IMG_0066-1.jpg


そんなわけで、大してまともな地図もなく、中古の125ccのバイクにも不安を抱えながら、ポカラを出発。


出発早々、もう一台のバイクのエンジンの掛かりが悪いのか、ドライバーなおくんの運転技術のせいなのか分からないけど、坂道の途中で立ち往生をし、なかなか発車できない様子。




そこで、僕は彼を助けるべくUターン。




ところが、道の途中にあった紙か何かに前輪が乗っかり、前輪ロック


そのままスルスルスルーと坂道をコントロール不能なまま僕のバイクは下ってしまい、


ついには、道の途中で立ち往生していたなおくんのバイクの後ろの部分目掛けて、

激突!!


という事で、出発して30分も経たないうちに、事故発生。


なおくんのバイクは、道に投げ出され、僕はそのまま少し下って停止。

周りで観ていたネパール人は、はははって笑ってました。僕らも笑ってたけど。


幸い、お互いのバイクにも体にも損傷はなく、無事再出発。



ペンショントゥシタの人に教えてもらった行き方が間違ってて、

ポカラから15キロくらいの道を大幅に行き過ぎてしまったんだけど、

川沿いの直線のそのは、バイクで走るには本当に気持ちよく、爽快で、

「イージューライダー」が頭の中で流れちゃってる感じ。

風を切りながら、馬力が無いバイクだけに、フルスロットルで走らせて頂きました。



何とか、温泉への道に復帰した後は、細い田舎道をひた走り、
IMG_0064-1.jpg




温泉に近づいていくと、ちょっとした渓谷のような場所に入っていき、
IMG_0057-1.jpg


道は荒れて、坂も急。




そして、ここで再び事件発生。




なおくんのバイクの後ろに乗ってたななちゃんが、バイクのバランスを崩した弾みで外に

投げ出される!!


その二人の後ろを走ってたので、彼女がバイクから落ちていく様子を目の当たりにしつつも、

坂を下って、ちょうど橋のところで僕のバイクも止める。




ところが、これだけでは終わらず、僕のバイクがやや傾いた場所に置いてしまったがために、

バイクがそのまま道を外れて、川のほうへとずるずる落ちてく!!



やばいと思ったけど、ちょうどそこには大きな岩があり、何とかほんの少しずり落ちただけで、

バイクは停止。

ただ、一人でそれを道まで引っ張りあげることが出来ず、たまたま通りがかったネパール人が

助けてくれ、何とか回復に居たりました。

彼ら曰く「ここは、よく落ちるから気をつけな」との事。

確かにガードレールなんて無いし、道は荒れてるから、ひとつ間違えば、川に落ちかねないそんな場所。

あー、こわっ。



とりあえず、バイクに損傷はなく、ななちゃんも大して怪我も無い様子なので、出発。







温泉に到着し、バイク駐輪代 5Rsを支払い、いざ露天風呂へ。







ガイドブックには午後になると、地元の人たちでいっぱいになると書いてある。
その割には、ずいぶん静かだなと思いつつも、温泉へと歩くと




あれ?

一人しかいない。

それどころか温泉 ちっちゃいし、浅いし。

しかもぬるいし


IMG_0025-1.jpg

IMG_0046-1.jpg


写真じゃ分かりにくいかも知れないけど、体を浸かるなんて事は不可能で、

足をつけるのが精一杯。


これは季節要因なのか、なんのか。


でもそもそも風呂の枠がもともと小さくて、大勢が入れるような気配じゃない。




結局、ぼくらはほんの少しぬるいお風呂で足湯を味わい帰路に着きました。




ポカラに到着する手前で、再びなおくんのバイクは事故に。


道を走ってると、左側で止まってたバイクが後ろも確認せずに急にUターンしようとして、

なおくんのバイクと激突。

完全に確認してなかった運転手が悪いと思うんだけど、「ここ傷ついた」とか

ネパール語で静かなる文句を言ってました。バイクには大して傷は見当たらず、運転手も全然平気そうでした。

こっちは、こっちで日本で、そっちが悪いんでしょ、大して問題ないでしょ、じゃあね、って事で、

向こうも仕方ないなって様子だったので、そのまま示談成立した気配になったので、

宿目指して、バイクや目指す。






バイクを返すときに、傷とかチェックされて、当然これだけの事故起こしてるんだから、

なおくんのバイクとか何か言われるだろと思ったけど、彼のは特に何も言われず、

僕のバイクが岩に落ちてった時についてたと思われるフロントカウルの傷に

修理代求められる。


とはいっても、わずかに100ルピー(120円)   安っ!!





それがネパールみたいです。




その後は行きつけのNEWARI Kitchenでビールを頂きましたとさ

IMG_0067-1.jpg















ポカラで目が覚めると世界の天井がお目見え

2009年09月15日 17:09

ポカラでは最初、5泊ほど150Rs(180円)でルンビニリゾートさんに宿泊。

そこの体が痛くなるくらいにやわらかいベッドから目が覚めると、

いつも曇ってて隠れてた部分から、ヒマラヤの山々が現れてくれました。

朝、7時。

目覚めでぼーっとしながらも、3階のベランダまで行き、遠くの山々を激写。

IMG_3578.jpg

左がマチュプチュレ(6993m)、右がアンナプルナⅢ(7555m)
IMG_3580.jpg

多分、アンナプルナの2とか4とか、Southとか
IMG_3579.jpg

最初、アンナプルナってひとつの山かと思いきや、アンナプルナ連峰って事で、番号が付いてるんですね。紛らわしい。

山々は、朝9時くらいになるとすべてが雲で覆われ、再びいつもの景色に戻っていきました。


ルンビニリゾートがダムサイドにあり、レイクサイドへの移動が余りに面倒なので、
その後は、レイクサイドにあるHotel Mandaraというホテルに移りました。

レイクサイドからは、屋上からでもあまりヒマラヤ連峰が望めないのですが、ある朝マチュプチュレの頭がのそっと顔出してました。
IMG_3732.jpg


やっぱり、山あってのポカラのようです。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。