最新記事

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅のお守り

2009年03月19日 21:18

ずいぶん長いこと僕を守ってくれているおまもり。
大学1年の夏にはじめて割りと長い自転車でのツーリングをしてた時にもらったもの。

東京から国道17号を新潟に向かって走ってて、群馬と新潟間にある三国峠をやっと超え、後は新潟まで下るだけだ。

とか思ってたんだけど、もう1つある峠に気づかず、水が飲みきってしまったために、かなり苦しい思いをして坂を上ってた記憶があります。

それで、なんとか二居峠も越えて、のどからからの状態で下ってたら、パンク!! 踏んだり蹴ったりでした。

確か大沢って町だったと思うんだけど、そこのスーパーの駐輪場でパンク修理をしてたら、気の良いおばちゃんがくれた草鞋のお守りです。
この辺、旅に来る人にあげてるとか行ってました。わらじだけに、足を守ってくれるそうです。

それ以来、自転車ツーリングのときは必ず携帯し、おかげさまで大きな事故に会うことも無く、
生き延びてます。

まだまだ効果持続中だと思うので、持って行きます。


tabi

スポンサーサイト

出発まであとわずか

2009年03月19日 17:31

札幌の家を出るまであと2日になってしまいました。

21日に札幌出て、東京で一週間ほど滞在したのち、31日神戸発の新鑑真号で、
上海に向けて旅立ちます。

何となく色んなもの準備してきたけど、何となく不安。
まぁ、東京にしばしいるので、足りなければそこで調達します。

今日は、ipod classicに入れてく曲に歌詞とかカバーフロー用のアルバムの写真を自動的に入れてくれる、tunetomoと、lyric Masterという二つの超便利なソフト使って、ituneに入ってる曲いじってました。

日本、キューバに勝って気持ち良いですな。
TBSの林アナウンサーがいちいち「侍ジャパン」連呼する事にかなり違和感が。
いつの間に、日本代表は侍ジャパンという固有名詞になったんだ?

中島と片岡と涌井がさらに活躍してくれるといいな。
特に同い年の中島は強烈に応援してます。







GPS買ってみた

2009年03月14日 00:36

旅にGPSあったら、軌跡残せて楽しいだろーな、でも高いよな と思いつつ色々探してたら
10,000円以下でかなり小さくて、バッテリーの持ちがいいので、思わず買ってしまった。
GPSチップがどれで、精度どのくらいとか気にしてないので、ハンディGPSとして性能がどんなもんか知らないけど、とにもかくにもGPSの凄さを思い知りました。

電源入れて、腰にぶら下げてるだけで、勝手に移動したルートを記録してしまうんだから恐ろしいもんです。社会人で営業の時にこんなもん付けさせたれたら効率の悪い移動っぷりとサボりっぷりに縛り首にあったことでしょう。

自転車のツーリングとかうってつけですね。これ。

Googleのマイマップでアップロード用に作ってみたけど、完全に家の場所がばれるのでやめときます。




旅の仕方

2009年03月10日 02:27

世界一周をすると決めた時は、まだどうやって周ろうか、全然決めてませんでした。

大学の頃、自転車で日本を走りまくったので、自転車で世界一周というプランも
うっすらとはあったけど、日本を走るだけであれだけツライのに、地球一周なんて
してられるか!!という事で、廃案と相成りました。

次に検討したのが、バイクで世界一周。
自転車でなくとも、バイクなら線で地球を結べるかな?と思ったけど、
予算の問題と普通二輪を取ってから、完全にペーパーな上に、
修理関連について無知なため、涙ながらに却下とさせて頂きました。

という事で、普通にバックパッキングを致します。
ある意味妥協の結果なので、移動方法については極力大好きな飛行機は
使わずバスか電車か車および船、自転車、徒歩での移動にこだわりたいと
思っています。
とはいえ、今にも北朝鮮が平和的衛星と称したミサイルを飛ばしそうな御時世なので、
命には換えられないという事で、臨機応変に飛行機も使うんじゃないかと思います。

上記の方法以外にも、
ワンワールドで世界一周とかありますが、始めからスケジュールもルートも
ほぼ決めなければいけない上に、一周といえどもすべてを飛行機で繋ぐというのは、
納得がいかないので、案としても上がらなかったです。

後、ピースボートとかありますがルートが勝手に決められている上に、
船に乗ってりゃ自動的に世界一周出来るというのは、他力本願すぎる上に、
ほぼ海上じゃんって事で、私には眼中になかったようです。
そもそも彼らの目的は別のところにあるようですので、
別にそれはそれでいいのですが。


結局は、線で結んで地球を一周したいという自己満足でしかないんだけど・・・・

持ち物⑤

2009年03月06日 00:24



ずっと迷ってたバッグパックについての紆余曲折。

東京のさかいやとか好日山荘とかで色々背負ったみたところ、
Ospreyのイーサーが、他のに比べてかなり軽くて負担がないなって事で、
下の右側の写真の70Lにしようかなと、第一候補と相成りました。



でもって、札幌で再び秀岳荘札幌本店で、色々見たところOsprey軽いんだけど、サイドポケットないし、なんだかなぁと思って、他のを物色してたところ、KarrimorのCougarが目に付きまして、
こちらに目移りしてしまいました。

が、調べてみるとKarrimorでバックパッキング用にflyerってのがあるって事で、
またまた秀岳荘の白石店で、現物見てみたらかっこいいし、二気室で、容量十分な上に、
外から鍵も掛けられるから、完璧だ!!とほぼ覚悟を決めて、店員さんに相談したところ、
「確かに旅行用に出来てるけど、上だけは、トップループ式で鍵掛けられないんで、上から空けられたらおしまい」との事。






でもって紹介されたのが、Eaglecreekの「truist」
。こちらは、上からも鍵掛けられて、やぶられない限りは大丈夫ってことで、
オススメして頂きました。
55Lのが、行った時にはなかったので、WEBで確認して、もう一度秀岳荘さん訪問。
flyerは、やっぱりかっこいいし、使いやすそうだなとは思ったけど、登山ではなくて、
旅なんで、セキュリティ第一という事で、truistにしました。

このtruist、バックパッキング用にちゃんと作られていて、上蓋を外したらウエストバッグに出来てみたり、使うかどうかは別としてありがたい機能がついてます。



ついでに買ったのが、これ。
ISUKAのウルトラライトコンプレッションバッグ
他のメーカーも出してるけど、これが一番安かった。
写真の通り、押し潰してくれるのでバックパックの中のスペース活用にはもってこいです。

ちょっと物は違うけど、百均の圧縮袋も悪くないけど、すぐ破けるし、手間かかるので多少奮発してもこれを二つほどもって来ます。

それ以外にも、札幌の秀岳荘さんで、バックパック買うときに小さな袋やらダイヤル式の南京錠やら、
色々調達しました。




持ち物④

2009年02月28日 01:00



大学1年から使ってきた ~170cm +5℃対応のどこかよく知らないメーカーのシュラフが、
ところどころ破れてる上に、長さが足りず窮屈なんで、新しいシュラフを買ってみました。

野宿をするつもりはありませんが、この広い地球寒いところだらけだから、どっかで使うでしょ。

Isuka  Air280
非常にコンパクトなのに、かなり暖かい優れものです。高いけど。 
Isukaが日本のメーカーだなんて知りませんでした。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。